4月
4
2017

Q.なぜか自分ばかりいつも責められているような気がします。

 

 

Question.

なぜか自分ばかりいつも責められているよな気がします。

Answer.

 

そんな風に感じてしまうことはありますよね。

でも、現実にそんなことが起こっていたとしたら大変です。

例えば、本当に会社の人100人とか全員に責められているのであれば、何か間違ったことをしていたりすることもあるかも知れません。
でも、たまたま1人とか2人に言われたとか、なんとなくそう感じるとか言うことであれば、
それは責められているという思い込みである可能性がありませんか?

 

ではなぜ、思い込みをしてしまうのかと言うと、それは本人のセルフイメージの中に罪悪感を強く持ってしまっていることが多いのです。

この日本に生まれている以上、おそらくだれかが責められ続け、誰かが褒められ続けることはないと思います。

一生懸命やってるのに、わかってもらえないで責めらることもあれば、あまり一生懸命にやった気がしないのに褒められることもあるでしょう。

 

敵でもない、味方でもない人もいます。

いろいろな人に囲まれて生きている。
その中で罪悪感により不当に価値を下げられた自己価値感により、一部の責める人たちの言葉ばかり受け取っている状態こそが、皆んなに責められているように感じる苦しい状態なんです。

自分で決めた自己価値感に一致する言葉を拾っていく。
合致する責める言葉は捕らえ、合致しないものは素通りしてしまう。

自己価値感が低い状態であると、自分を責めているように感じる言葉を捕らえてしまい自分を褒めるような言葉は、違和感を感じたり素直に受け入れられなかったりします。

 

これは非常にもったいない状況ですよね。

この状態を改善していくには、自己価値感を上げていくこと、自分を正当に評価すること、自分に自信を持たせてあげることが大切です。

この自信を持たせると言うことに関しては、また別の機会にお伝えできればと思います。

 

心理カウンセリングのセラピールーム・ソラ

Comments are closed.