2月
27
2017

継続は力なり

こんにちは。心理カウンセラーの梶原です。

 

カウンセリングにいらっしゃった方が、思考の癖やパターンに気付いてそれを変えていくと、これまでのネガティブであった考え方が前向きなものになってとても楽になっていきます。

でもなにか壁が出てきたりつまづいたりすると、そこでまた前の思考パターンに戻ってしまったりして、やっぱり自分はダメだと考えて落ち込んでしまうことがよくあります。

 

 

でもここで諦めてしまってはもったいないのです。
数日でも数週間でも改善できたということは、それを続けていけばきっとよりよい自分になっていけるはずです。
ネガティブに考えてしまう思考パターンは長年の癖なので、はじめのうちはちょっと油断するとまた出てきてしまうということはよくあることなのです。

そこで諦めることなく、とにかくもう一度、自分に肯定的に接してみたり楽になった時の思考パターンをもう一度思い出して自分にとって正しい思考と行動に戻してみてください。

 

 

考え方のクセはたった1日のカウンセリングでも気付くことは可能です。
でも、それをやめてよりよい考え方を定着させるためには、数日で完全に定着するというようにはいかないことも多々あります。
数週間とか数ヶ月、時には数年かかるという場合もあるでしょう。
だから、数日間やってみてやっぱりダメだとか感じることがありますが、それはよりよい自分になっていく途中経過と考えてみてください。

過去に同じように頑張ってみたけどダメであったとか、昔の経験とか記憶にとらわれてしまっていることも考えられます。

 

 

とにかく正しい思考と正しい行動を続けてみること。
これが大切です。

壁が出てきても、とにかく超えて前に進んでいく。
その歩幅は、ほんの少しでもいい。
とにかく正しい方向に進んでいれば、必ず出口には辿り着く。

そう信じて時には立ち止まっても、また前に進んでいくことを忘れないでみてください。

 

心理カウンセリングのセラピールーム・ソラ

About the Author: 梶原 清人

Comments are closed.