7月
26
2017

Q.常に不安感があります。安心して過ごすためにはどうしたらよいのでしょうか。

Question

常に不安感があります。安心して過ごすためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

Answer

はい。安心して過ごしたいですよね。
心配していることは起こるかもしれないし、起こらないかも知れない。
実際に起こることはとても確率の低いことです。

 

不安感とはつまり怖いとか恐怖という感情です。
恐怖は2種類に分けられます。
一つは自分にとって有益な恐怖
自分の身を守ろうとしたりするもので、高所恐怖症とか破裂音が怖いとか、スピード恐怖などがあります。
これらのことが平気になってしまうと、自分の命を危険に晒すことになってしまうので自分には有益な恐怖であると言えます。

もう一つの恐怖は自分に有益ではない恐怖
命や安全にはほとんど関わらないのに恐怖心を感じている状態です。
例えば、人と目が合うこと、人に迷惑をかけてしまったらどうしよう、地震が来たらどうしよう、怒られたらどうしよう、などがこれに当たります。

 

(余談ですが、不安の強い人の生育環境は両親が自分の意見を大声で一方的に押し付けるなどの傾向があります。
いつ怒鳴られるかわからないので、人の顔色を伺うようになってしまうことが多いです。)

 

有益な恐怖については本能的なものと言えますので、持っていてもいいものと言えます。
一方、有益ではない恐怖については、改善していくほうがよりよいでしょう。

 

皆さん、「心配事の9割は起こらない」という言葉を聞いたことはありませんか?
実際にはほとんど起こらない困った出来事を心配して不安で身動きが取れない状態で過ごす毎日。
困った出来事が起こっても備えだけしておいて起きたら起きた時に考えようと過ごす毎日。どちらの過ごし方を選んでもいいんです。自由なんです。

 

では安心して過ごすためには、どうしたらよいのか。
自分が自分に安心できる言葉を掛けてあげましょう。
今まで自分に掛けていた言葉は、
失敗したらどうしよう‥こうなったらどうしよう‥
→「きっとうまくいくよ」「大丈夫だよ」「なんとかなるよ」
という言葉に変えていきましょう。

 

また、不安な人は気が弱い人が多いので、気を強くすることを心がけてみましょう。
絶対負けない!自分は強い!大丈夫に決まってる!などの言葉を自分に掛けてあげましょう。

 

心理カウンセリングのセラピールーム・ソラ

Comments are closed.