セルフイメージの書き替え

人生はセルフイメージ次第です。

どのようなセルフイメージを持っているかで、人生の質が大きく違ってきます。

なぜなら、自分がすでに持っている自己像(セルフイメージ)と現実が自己一致してしまうのです。

 

セルフイメージとは、日本語に訳すと「自己像」とか「自己概念」となります。
自己概念とは、自分が自分のことをどのように見ているのか?
自分の持っている、自分のイメージのことです。

ここで、考えてみましょう。

あなたは、あなた自身のことをどのような人間だと思っていますか?

 

ここで、出てきた答えが、あなたのセルフイメージです。
プラスのファクター(要素)が多いのか、
マイナスのファクター(要素)が多いのかで人生の質が変わってくるのです。

●マイナスの要素
「自分は何もできない人間だ」
「自分は頭が悪い」
「自分なんて、いない方がいい」

●プラスの要素
「自分ならできる」
「自分なら成功できる」
「自分は上手くやれる」

 

マイナスの要素が多い人と、プラスの要素が多い人では、人生の質や豊かさ、生きやすさ、自信が違っていそうだと思いませんか?

 

このセルフイメージはどのようにカタチ作られるかというと、幼少期から繰り返されたマインドコントロールによるものなのです。

幼少期には理性が未成熟(未発達)なため、疑うことがあまりありません。
どのようなことを言われたとしても、それが直接的なマインドコントロールとなり、自我や自己像を形成してしまうのです。

幼少期にマインドコントールを与える代表者は両親です。
四六時中一緒にいる人がどのような言葉がけをするかにより、セルフイメージが変わってきます。

例えば

●マイナスなセルフイメージを形成する言葉
「何やってるの!?」
「まったく…」
「なんで、こんなこともできないの?」
「邪魔しないで!」
「あっちに行ってて!」
「あなたには無理だよ」
「どうせできないくせに」
「バカだなぁ」
「こんなこともわからないの??」

などと言われながら育った子供は、極端に自信を失った状態で人生を過ごすことになります。
それは、「自分は邪魔な存在で、何もできない子なんだ」という暗示を与えられた結果なのです。

 

●もっとひどいマイナスな言葉
「生まなきゃよかった」
「本当は、産まないはずだった」
「生まれて来なければよかったのに!」
「あなたといると、お母さんは恥ずかしい」
「あなたを生んだのは失敗だった」

などです。
これは、部分否定ではなく、「存在の否定」です。

「あなたはこの世に存在して良い」という承認を得られないわけですから、さらに苦しみは増していきます。
自分は生きていてはイケないのではないか?
と、自分の存在すら疑いながら、人生を過ごすことになるでしょう。

 

●セルフイメージの書き替え

そうやって幼少期からの言葉がけによって形作られたセルフイメージですが、
大人になってから書き替えることは可能です。

もし、自信が無かったり、人生に生きづらさを感じているのであれば、積極的に書き換えて行きましょう。

 

まずは、自分は、どのような言葉をかけて欲しかったのかを考えてみましょう。

●プラスのセルフイメージを形成する言葉

「すごい!」
「さすが!」
「あなたは本当に役立つ人間だ」
「天才だね」
「素晴らしい!」
「頭いいね~」
「器用だね」
「センスがいいよ」
「優しい子だね」
「みんなと仲良くするのが上手だね」

もし、あなたが、
毎日、このような言葉をかけられながら育っていたとしたら、今の人生とはどのように違っていたでしょうか。
たぶん、もっとやる気があったり、もっと自信を持って生きて行けたりしたのではないでしょうか。

このように、周囲からかけられる言葉によって、人生の質や豊かさが変わってしまうのです。

 

しかし、幼少期に戻ってやり直すことはできませんので、
(親も、育て直してくれませんので)

これから、自分のセルフイメージを変えて行きましょう。

過去は変えられませんが、
未来は自由に変えて行けるのです。
未来を変えましょう!!

未来の自分を信じて、自分にとって有益な言葉を、意識してチョイスすることが大切です。

 

どうやれば、良いのか。

それは、自分を育て直すのです。
大人になった自分が、今の自分の心を育てることが重要です。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)のひとつに、インナーチャイルドという催眠があるのですが、
そのやり方はとても合理的で効果的です。

自分の心の中に、自分の幼少期の小さな自分の姿をイメージしてもらいます。
その、小さな子供が、あなたのインナーチャイルドさんです。
そのインナーチャイルドに向かって、あなたが言われたかった言葉、言われたら嬉しい言葉をかけてあげるのです。

 

肯定的な言葉、インナーチャイルドが安心する言葉、インナーチャイルドが元気になる言葉をかけてあげるようにしてください。

それを続けるだけです。
たったそれだけのことでも、セルフイメージは徐々に変わり始めます。

 

心理カウンセリングでは、実際に催眠状態でインナーチャイルドをイメージしてもらい、インナーチャイルドに向かって言葉をかけますので、言葉がけのコツを掴むことが容易になり、言葉がけがとてもやりやすくなります。

もし、セルフイメージが低い方は、一度、催眠ワーク「インナーチャイルド・ワーク」を受けてみると、人生が大きく変わるきっかけをつかめると思います。

セラピールーム・ソラでは、セルフイメージを書き替えたい方、大歓迎です。

http://cocoro-sora.net/

 

コメントは受け付けていません。