心理カウンセラーの資質

 

心理カウンセラーに資質があるとすれば、それは頭が良いことでも、たくさんのテクニックを知っていることでもありません。

心理カウンセラーの資質は

●外向きであること
●与えるMind

●味方であること
●正しい親であること
●人格の成熟を目標とすること

 

上記のことを、常に忘れないようにしてください。
このことさえ守られていれば、心理カウンセリングは必ず上手く行きます。

もし、カウンセリングが上手く行かなかったときには、自分の行動や言動を上記のことと照らし合わせてみてください。

自分の思う通りに相手をコントロールしようとしないこと。

相手を幸せにすることに、どれだけの情熱を持ち続けることができるかということが、必要とされる心理カウンセラーになるための資質です。

情熱を持って、「与えるMind」を持ち続けてください。

 

そして、カウンセラー自身が、常に「自分の人格の成熟」のために努力ができること。
自己の成長のために、手を抜かないようにしましょう。
自分に優しくすることは大切ですが、自分を甘やかしすぎると暴走します。

何が正しいことなのかを見極め、正しい道に進む努力をしてください。

 

 

 

Auther:水元和也

東京カウンセラー学院のスクール生、及びスクール卒業生のためのメモランダム。

心理カウンセラー養成講座
東京カウンセラー学院

 

 

コメントは受け付けていません。