Therapyroom sora

催眠について

・催眠とは
TV等の影響かも知れませんが、催眠状態にされた人は催眠術者の言うことを何でも聞いてしまったり、催眠中のことは覚えてなかったりというイメージがあると思います。

しかし、それはテレビの中だけ。
実際はなにも特別なことではなく、日常でも体験している状態なのです。
例えば小説などに集中しているとき、イメージが目の前で繰り広げられることもあるでしょう。
この変性意識状態を意図的に創り出すのが「催眠」です。
催眠は簡単に言ってしまえば「選択的注意集中」ということになります。

ごく浅い催眠ではしっかりと意識もあり、何かを覚えていないということはほとんどありません。また催眠誘導者に完全にコントロールされてしまうこともありませんのでご安心下さい。


・催眠療法とは
私たちは通常、無意識の存在を意識できません。
しかし、いくら意識的にがんばっても自分の思った通り考えられなかったり行動できなかったりしてしまうのは、無意識では違うことを考えていたりするからなのです。

催眠療法では通常の意識を少しだけ落ち着かせて、無意識からのメッセージを受け取り、改善へと結びつけられるように進めていきます。


<< HOME

Copyright(C)2007 SHAFT Inc.
ALL Rights Reserved.