セラピールーム・ソラの特長、PCT

TEL:042-641-3654AM10:00〜PM21:00

セラピールーム・ソラの特長

次世代型カウンセリング
セラピールーム・ソラの心理カウンセリングは、一般的な聴いて貰えるだけのカウンセリングとはまったく違っています。話を聴いて貰えれば、その場はスッキリするかもしれません。
しかし、生き方は変わりませんので、また同じ場所で引っかかってしまい、人生が向上することはないのです。

当院では「変わること」を目的とした心理療法を行っています。
NLPや催眠療法、論理情動行動療法、その他の心理療法を組み合わせ、あなた自身が根本から変わることが目的です。ですから、考え方が変わり、性格が変わり、そして人生が変わるのです。
自分の過去に、自分の未来を決めさせる必要はありません。
新しい生き方を手に入れ、これからの新しい人生を始めましょう。

次世代型カウンセリングとは、
セルフイメージの書き換えを目的としたものです。
表面的なテクニックではなく、本質的に自分を変えていけますので、自由で豊かな人生を送ることができるようになります。
セルフイメージを書き換えて行けば、恒久的に変われますので、うつ病が再発することはありません。
性格改善にお役立てください。

構造分析とパターン介入

セラピールーム・ソラの心理療法の特長は「構造解析」「パターン介入」にあります。
お話を伺いながら、心理的困難をもたらす心の構造を解析します。そして、上手く行っていないパターンを発見し、そのパターンに介入していきます。
心の癖(思考パターン)を変化させれば、必ず違う「結果」を生み出すことができます。
ですから、本質的に変化することができますので、本当に楽で自由な人生を手に入れることができるのです。

「PCT」という新しい心理療法

当院の心理療法は、旧来の心理学や心理療法、臨床心理学にとどまらず、哲学やコーチング、機能脳科学、成功法則などの様々な考え方がベースにあります。
そして、PCTの考え方の一番根底にあるのは「人としての在り方」を重要視する「人格主義」という考え方です。
それらを統合的に心理カウンセリングに持ち込み、結実したのが「PCT(Principle Centered Therapy)」という原理・原則を中心とした「原則中心療法」なのです。

当院にいらした多くの方に、
「生き方が変わりました!」
「眼からウロコがぽろぽろ落ちました」
「これって、なんて心理療法ですか!」
という声をたくさん頂いています。

今までの心理学では、患者さんを見ていません。“患者さんの抱えた病気”だけを見ているのです。

PCTでは旧来の心理学にある悲観的な結論を出すことはありません。なぜなら、お客様1人1人を人間として見ているのです。そして、扱っているのは“病気”ではなく、お客様1人1人の“心”です。
PCTの考え方はとても柔軟で可能性に満ちています。いついかなる時にでも改善の可能性を模索します。これまで回復不可能とされていた症状についてもご相談ください。心理的な問題であれば、いくらかの改善の可能性は必ずあります。


他にはない「学ぶカウンセリング」

人間は、知らないことはできません。しかし、学ぶことで多くのことを変えられるのです。セラピールーム・ソラの心理カウンセリングには根本に哲学があります。
「魚を獲ってあげれば、その人は1日飢えずに済む。
 魚の釣り方を教えてあげれば、その人は一生飢えずに済む」


相対的には、正しい生き方というものはありません。「有益な考え方」「有益な生き方」があるだけです。
もし、今あなたの人生が上手く行っていないとしたら、「有益ではない考え方」に支配されているだけなのです。人生は、実はとてもシンプルです。新しい考え方を学び、適応的に人生を生きられるようになりましょう。有益な考え方を取り入れれば、この先一生涯に渡って困ることも苦しむ必要もなくなるのです。


難解な人生を視覚化します

人生には難解なことや不条理なことがたくさんあります。しかし、視覚化することで「心の構造」「人生の構造」「人間関係の構造」を誰でも簡単に理解することができるのです。
当院のセッションを受ければ「人生は難しくない」ということが、誰でも理解できると思います。


原因と結果の法則

哲学者のジェームズ・アレンは言います。
「原因」があるから「結果」がある。
原因なくして、結果だけが現れることは無いのです。
「原因」が同じだから、「結果」が同じなのです。自分の考え方、受け止め方が原因だとすれば、それを変えてみることです。「原因」が変われば「結果」も必ず変化します。
心の癖(思考パターン)により、あなたの人生に様々な結果がもたらされるのです。
幾千の困難も、幾千の喜びも、実は自分の考え方次第で、変化していくのです。


PCTのベース

PCTのベースになっているものはたくさんありますが、まず、最初に挙げられるのは、アルバート・エリス博士によって創始された「論理情動行動療法(REBT)」です。とてもシンプルですが、とても本質論的な考え方です。人生の心理的困難のほとんどを、このREBTによってクリアできます。

その他にも認知心理学や認知行動療法(CBT)などの旧来の臨床心理学の考え方はもちろん、さらに機能脳科学(Functional brain science)や短期間療法のソリューション・フォーカスト・アプローチ(SFA)、システムズ・アプローチ、神経言語プログラミング(NLP)、催眠療法(ヒプノセラピー)、 パターン介入、メタフォリカル・アプローチ、リソース、リフレーミングなどの考え方も取り入れています。
また人生哲学、成功哲学、コーチング、成功法則、そして、人としていかに在るべきか?という「人格主義」などの他分野からの考え方に大きな影響を受けています。
最も柔軟で可能性に満ちたアプローチができるのがPCTなのです。

このPCTは、日本では唯一セラピールーム・ソラでしか受けることができません。「遠方の方から、ソラさんと同じ考え方のカウンセラーを紹介してください」というお問い合わせがあるのですが、残念なことに他にはいないのです。
ですから、北海道から、四国、九州に至るまで、全国各地から当院までいらして頂いています(北海道から日帰りでいらしてくださる方もいらっしゃいます)。
どうしてもこちらにいらっしゃれない場合は、スカイプでのセッションをご検討ください。

ar skype カウンセリング

PCT その他の心理療法はこちら