なぜ自分に優しくなれないのか

こんにちは、心理カウンセラーの石原です。

自己否定→自己肯定

に切り替えるのは何がポイントかな?と考えていました。

幸福な人生にしたいな、自分を変えていこうとすると、一番に取り組むべきことに

「自分を肯定的に扱いましょう」

「自分に優しくしましょう」

こんな課題に出会うことと思います。

それが出来ないんですよね…とお話される方が多いです。

そう、生きずらがさを抱えている方のほとんどは自分に対してとても否定的です。

できないことや失敗したことばかりに気を取られています。

なぜ?そんなに否定的なのか?

というと、

・完璧な人になれば認められる

という勘違いをしているのです。

その勘違いから

「完璧で無い自分は誰からも認められず必要とされず、存在価値が無い」と感じる。

自分は無価値な存在と思っているので価値を作るため、何でも完璧にこなす人を自分に強いているんです。

もちろん、人間はみんな完璧には辿り着かない生き物なので

できてない所探しから抜け出せなくなるのです。

完璧を目指し自分に厳しく、許さず生きてきた…そんな方が生きにくさ苦しさを感じ、人生を変えたいと思うのではないでしょうか。

ここの完璧主義のループから抜けませんか?

何ができる、できない

誰から認められた、認められない

これ、幸福な人生を生きるために、本当は全く重要ではないのです。

ここに振り回されず

一番大切なもの

自分が自分を認め大切に扱っているか。

最初に出たキーワード

「自分を肯定的に扱いましょう」

「自分に優しくしましょう」

自己否定→自己肯定のポイントは…

根拠も何もいりません。

 

絶対に自分の味方になる!

と決めることだけです。

(あ、あと正しい知識も自分にたくさん入れてあげましょう!)

自己肯定感講座

Vision心理カウンセリング
セラピールーム・ソラ
https://cocoro-sora.net
心理カウンセラー、ライフコーチ
Author : 石原さわこ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする