3.カウンセラー桜井さおり一覧

何を信じるかによって、人生は無限に広がるのだ。

アンソニー・ロビンズは、「信じる力」の凄さについて多くの事を語っています。 例えば陸上競技で、数十年前まで絶対に破る事が出来ない壁と言われていたタイムを、打ち破って新記録を出した選手がいます。その選手は、自分が新記録を出した自分の姿を何度も何度もイメージし、絶対にそうなると信じ続けたのです。

脅迫神経症で困っています。

25歳の女性です。高校生の時から、手洗い行為止められないという状態が度々起き始めました。症状は徐々に酷くなり、一度手を洗い出すと何十分もやめられず、手荒れも酷く痛みにも悩まされています。また、家を出るときの火の元確認や、戸締り確認にも時間を要してしまい、 なかなか出かける事が出来ません。

心の構造を学ぶと一生困らない。

うつ病、双極性障害、摂食障害、リストカット、不安障害、パニック障害、脅迫性障害、対人恐怖、アダルトチルドレン、解離性障害、統合失調症、、などなど。長年苦しい症状に悩まされていたり、ある日突然このような症状が出た方々は、今現在、とても生きづらく、苦しい思いを抱えて生きていらっしゃると思います。

NO IMAGE

過去の記憶に振り回されないために。

気持ちが落ち込んだり、生きる事が苦しい原因の一つとして、過去の嫌な記憶にどうしても縛られてしまう事があると思います。自分が失敗した事・・・人に傷つけられた事・・・人を傷つけてしまった事・・・人に嫌われてしまった事・・・親や他者からされた酷い事・・・分かってもらえなかった事・・・裏切られた事・・・・今苦しんでいる方々は、きっと解消しきれない多くの想いを、抱えていらっしゃるのだと思います。

身近な人とのより良い人間関係を長続きさせるために大事なこと。

人間関係うまくいっていればより生きやすくなり、喜びを感じる事も増えると思います。その反面うまくいかないと、悩みや苦しみが付きまといますよね。私達の人生をより良いものにしていくためには、人間関係はとても重要な位置を占めるものだと思います。特に、夫婦、恋人、子供、友人、など。自分の世界の中での重要な部分を占める人達との間関係を、より良い状態で長続きさせていける事がとても理想的なのだと思います。

人生の問題を解決するための近道

長い間、苦しい思いをしているのに、なかなか解決出来ない問題を抱えていらっしゃる方は、数多くおられるのではないでしょうか。また、環境を変えた事によって、一時的に解決されたように思えても、また、似たような問題に出くわしてしまう事もありますよね。人生の問題を素早く解決できる人と、そうじゃない人の違いは何でしょう。それは、問題の原因を、他者責任にしているか、自己責任にしているかの違いだと思います。

唯一変えることが出来るもの

この世の中で唯一変えることが出来るもの。それは、自分自身です。この原則は、きっと多くの人が理解されているものだと思います。しかし、物事の渦中にいると、時々この原則を見失ってしまう事があります。動かない石(他人)を一生懸命動かそうとしてしまった経験は、多くの方があるではないでしょうか。そして頑張って努力して、悲しい、悔しい、苦しい思いをしてやっと気づきます。他人は変えられないのだと。

自分に自信がなくて自分の意見を言えません。

今はサラリーマンとして、周りからはごくごく普通に働いている人、と見られていると思います。その証拠に平均的に昇格もして、今は管理職にはなっています。ただ、思い起こすと小さな頃から自分は、周りの人より劣っている、と思っていました。自分の意見は間違っている可能性があるから、周りの様子を見ながら言えなくなってしまいます。意見を言うことも怖いし、言わない自分も管理職失格と思います。いつかボロが出てしまったら...と考えると、もう身動きがとれなくなってしまいました。どう自信を持ったら良いのでしょうか?

子どもができません。

40代女性です。数年間、不妊治療しましたが...子どもに恵まれませんでした。(年齢的にも経済的にももう難しいです) 旦那や家族は、気を使ってくれているようで。「2人で楽しむ人生もいいね。」と言われますが、旦那への申し訳なさや、子どものいる友人や、子連れの女性を見ると羨ましさで、毎日苦しいです。最近は、幸せな家族を見たくなくて外に出ることも嫌になってます。