何を信じるかによって、人生は無限に広がるのだ。

アンソニー・ロビンズは、「信じる力」の凄さについて多くの事を語っています。 例えば陸上競技で、数十年前まで絶対に破る事が出来ない壁と言われていたタイムを、打ち破って新記録を出した選手がいます。その選手は、自分が新記録を出した自分の姿を何度も何度もイメージし、絶対にそうなると信じ続けたのです。

脅迫神経症で困っています。

25歳の女性です。高校生の時から、手洗い行為止められないという状態が度々起き始めました。症状は徐々に酷くなり、一度手を洗い出すと何十分もやめられず、手荒れも酷く痛みにも悩まされています。また、家を出るときの火の元確認や、戸締り確認にも時間を要してしまい、 なかなか出かける事が出来ません。

心の構造を学ぶと一生困らない。

うつ病、双極性障害、摂食障害、リストカット、不安障害、パニック障害、脅迫性障害、対人恐怖、アダルトチルドレン、解離性障害、統合失調症、、などなど。長年苦しい症状に悩まされていたり、ある日突然このような症状が出た方々は、今現在、とても生きづらく、苦しい思いを抱えて生きていらっしゃると思います。

NO IMAGE

過去の記憶に振り回されないために。

気持ちが落ち込んだり、生きる事が苦しい原因の一つとして、過去の嫌な記憶にどうしても縛られてしまう事があると思います。自分が失敗した事・・・人に傷つけられた事・・・人を傷つけてしまった事・・・人に嫌われてしまった事・・・親や他者からされた酷い事・・・分かってもらえなかった事・・・裏切られた事・・・・今苦しんでいる方々は、きっと解消しきれない多くの想いを、抱えていらっしゃるのだと思います。