11月
22
2017

催眠療法ってどんなもの?

こんにちは、心理カウンセラーの梶原です。

 

セラピールーム・ソラではヒプノセラピー、つまり催眠療法を

取り入れたカウンセリングを行っています。

この催眠療法について時々、催眠術のように誤解されてしまった

のか、怖いとか、逆に催眠で自分を変えてくださいというご意見や

ご要望をいただくことがあります。

 

 

催眠療法は催眠術のように、相手を自在に操ったりするものでは

なく、リラックスしていただいて頭の中で映像や言葉などをイメージ

するもので、イメージワークと言ってもいいものです。

リラックスするために目はつぶっていただくのですが、意識は

ありますので体を動かしたりすることも自由にできる状態です。

 

 

その状態でどんなことをするかというと、なりたい自分をイメージ

したり、リラックスしていただくとか、これまでの自分の考え方のくせ、

口ぐせなどが、どんな影響を与えるかを体験していただいたりします。

普段、理性とか意識で“こうするべき”とか思ってしまい、邪魔をして

気付くことができなかったりすることも多いのですが、軽い催眠状態の中、

自分の本当の気持ちに出会えたり、妄想の中でハッピーな気持ちとか

リラックスすることが出来るのです。

 

過去、幼少期などに体験した嫌な気持ちを癒して、

そこから解放されるような効果をもたらすワークもあります。

 

 

これらはあくまでカウンセリングの中では補助的なものですが、

やりたいことを見つけたり、なりたい自分をイメージしたりすることで、

本来の自分を取り戻すためのモチベーションに繋がったり、不安を癒す、

抑圧していた思いを解放するなどの効果が期待できます。

 

 

カウンセリングでは、お時間によって出来ないこともありますが、

ご相談内容にあわせて取り入れるようにしています。

カウンセリングのはじめに行うインテークという事前説明でも、

催眠療法についてお話しさせていただいています。
その際に、不安なようであれば実施しないよう伝えてもらえれば、

もちろん行いません。
また逆に、ぜひ体験したいというご希望があれば実施するように

しています。

 

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

心理カウンセリングのセラピールーム・ソラ

About the Author: 梶原 清人

Comments are closed.