自分が悪かったのではないか?と思ってしまう

 

 

こんにちは、心理カウンセラーの梶原です。

 

自分は人に迷惑ばかりかけている、生きている価値がない、
人に比べて劣っている、理由もなく不安に思うことがある。

こんな風に必要以上に思ってしまうことはないでしょうか。

 

もちろん、具体的にあんなことをしてしまったからとか、
申し訳ないことをして来たとかいうことがあるかもしれません。

 

でも、ぜひよく考えてみてください。

誰だって失敗はするし、迷惑をかける事もある。

 

そんなにあなたは悪いことをして来たでしょうか?
周りの人に比べて劣っていますか?
大人になった今、そんなに怖いことがありますか?

答えはノーだと思います。

 

よくよく考えてみると、漠然とした理由のない罪悪感だったり、
劣等感、不安感だったりすることが多いのではないでしょうか。

 

これは特に子供の頃、過度に怒られたり怒鳴られたり、必要以上
に厳しいしつけの環境で育ったり、学校などで仲間外れにされたり
したことで罪悪感や劣等感、不安感を持たされてしまったりする
事が多いのです。

 

大人になってもその影響は残っていて、ちょっとしたことでも
自分が悪いと感じたりしてしまう。

 

つまり、悪いことをしたから罪悪感を感じるというよりも、
もともと罪悪感が強いからちょっとしたことでも悪いことを
したと感じてしまうのです。

これは劣等感や不安感についても同様です。

 

この持たされた罪悪感や劣等感、不安感であったり、長年の考え方
のクセが自分を苦しめていることがあることに、まずは気付くこと。

そして、今の自分は自信を持っていっていいんだ、幸せになっても
いいんだと思うこと。

 

まずは、そこから始めていきましょう。

 

◼︎今日のひとこと メルマガ版より

みんな、ある意味、思い込みで生きている
どうせなら、楽しく幸せになる思い込みのほうがいい
- 映画「ビフォア・サンライズ 恋人までの距離」より –
メルマガについてはこちら

 

心理カウンセリングのセラピールーム・ソラ

コメントは受け付けていません。