あなたはどんな人を目指すのでしょう

理想の自分と言われてもピンと来ない人も多いかも知れません。あなたがおじいさん、おばあさんになって人生が終わろうとしている時、周りの人になんて言ってもらいたいかを考えてみてください。それが、あなたの目指す理想の人物像です。あなたの課題も見えて、取り組みがいのある素敵な発見にもなりますね。

SNSとリアルの人間関係に疲れました。

私はSNSとリアルの人間関係によって疲れ、「人間って冷たいんや」と思ったのでとても悲しい気持ちになっています。知人の知り合いがYouTubeをやっていて応援して欲しいと言われたのでチャンネル登録し、毎日の投稿に「いいね」を付けたり、コメントを書いたりしています。

心が苦しい…それはインナーチャイルドのsos

誰しもの心の中にインナーチャイルドが住んでいます。インナーチャイルドは生育環境により抑圧されたり、承認されたりしながら形作られて行きます。本来の自分を否定されながら育ってしまうと、後々の人生がとても苦しいものとなってしまうでしょう。今の人生が苦しい方は、インナーチャイルドと対話をすることが改善への近道です。

しつけって難しい?

子供に対して、ついついダメ出しをしてしまいがち。そうすると、子供は自分の気持ちまで抑え込んでしまいます。そんな時、気持ちは汲み取ってあげて行動を示すことが大事。 思考の自由と行動の制限。そんな関わりを心掛けたいですね。

人に優しくなりたい人へ

人生を重ねるごとに、出会う人、そしてもう会えない人…たくさんいますよね。 特にもう会えない人に対して、もっと優しい言葉をかけてあげればよかった、もっとこうしていれば… そんな風に思って後悔してしまうこと、ありませんか?

期待と応援

親は、子どもの幸せを願っています。ただ、親の描く幸せ像と、子供の幸せは必ずしも一致しないことが多いものです。親は、子どものためと思って、親側の期待を押し付けてしまいがち。 大切なのは子どもが自立していくことだったり、幸せを感じながら生きていくことだったりします。

マイナス思考は小さい内にやっつけよう。

マイナス思考が止められず、苦しくなったり、仕事や人間関係が辛くなったり、やりたい事出来なかったり、、、こんな状態で、毎日を送られている人達が多くいらっしゃるのではないでしょうか。マイナス思考癖がある方は、毎日無意識的に次々と浮かんできてしまうのだと思います。より良く人生を変えていくコツは、このマイナス思考を放っておかず、小さい内にやっつける習慣を身につける事です。